認知症を改善するための情報サイト!認知症は正しい理解と早期発見が大切です。

認知症予防

   認知症の症状を改善するには

   正しい認知症改善方法を知り、自分で改善する方法が分かる!

   単なる物忘れと認知症の物忘れとの違いを、正しく理解する事が出来る!

 認知症 予防

TOP >> 認知症を予防・遅延するためには?
Menu Contents
認知症を予防・遅延するためには?

 
認知症を予防・遅延するために覚えておく5ヵ条とは?


 @ 歩く

 運動には脳機能を活性化する効果があるとされています。最も続けやすい
 のがウォーキングですね。

 適度に血行もよくなり、いつもと違う道を歩くなど工夫は脳への刺激にも
 なります。また、運動の多い人は少ない人より認知症になりにくいという
 データもあるようです。



 A 会話する

 1日1時間は誰かと会話をしましょう。過去のことなどを思い出しながら話すと、
 普段の会話よりも脳をたくさん使っている事がわかっています。



 B 字を書く

 字を書くことは脳の機能の維持や改善に役立つと言われています。1日の
 出来事などを思い出して書く日記をつけるのもよいでしょう。



 C 計算する

 カレンダーの数字や自動車のナンバープレートなど、目についた数字を足して
 みるなどに挑戦しましょう。またこれらはほかの人と一緒に楽しめるとさらに
 よいようです。



 D 計画する

 料理をする、旅行の計画を立てるなどは、かなり複雑に頭を使う行為で、
 段取りを考える事は、脳機能を活性化します。
自宅で無理なく行える認知症改善法



まずは、一足早く実践した方々の喜びのお声をお聞きください!

公式サイトは >> こちら
−自宅で無理なく行える−

わずか4ステップで認知症を改善!

【認知症改善プログラム】
認知症の知識

  認知症とは

  認知症をケア

  認知症の種類

  認知症の原因

  認知症状のサイン

  認知症の改善

  認知症を予防

  認知症の症状

  認知障害・軽度認知障害

  認知症の発症

  認知症と単なる物忘れの違い

  認知症の物忘れの具体例

アルツハイマー病

  アルツハイマー型認知症

  アルツハイマー中核症状

  アルツハイマー治療

  アルツハイマー対応

  アルツハイマー病と脳血管障害

アルツハイマー病

  サイトマップ

  当サイトについて

  リンク集

Copyright (C) 認知症の症状を改善するには All Rights Reserved
熊田曜子のダイエット