認知症を改善するための情報サイト!認知症は正しい理解と早期発見が大切です。

認知症種類

   認知症の症状を改善するには

   正しい認知症改善方法を知り、自分で改善する方法が分かる!

   単なる物忘れと認知症の物忘れとの違いを、正しく理解する事が出来る!

 認知症 種類

TOP >> 認知症の種類
Menu Contents
認知症の種類

 認知症いくつかの種類があります!(以下を参考)



 「
体の病気」サインを見つけ早期発見をする事が大切です。


 ●アルツハンマー型認知症

 脳内の記憶をつかさどる海馬付近から神経細胞が死減し始め、15〜20年かけて

 脳が次第に萎縮していく病気。脳にシミのような老人斑(βアミロイドタンパク)

 などが蓄積している。




 ●脳血管性認知症

 脳梗塞や脳出血などによって脳血管が詰まったり、壊れたりする事で、脳の

 神経細胞が死減して起こる。発作を繰り返すたびに症状が進む。




 ●レビー小体型認知症

 脳の神経細胞にレビー小体と呼ぶ異常なたんぱく質が蓄積。

 幻覚や妄想が現れやすいほか、筋肉の硬化がみられることも。
自宅で無理なく行える認知症改善法



まずは、一足早く実践した方々の喜びのお声をお聞きください!

公式サイトは >> こちら
−自宅で無理なく行える−

わずか4ステップで認知症を改善!

【認知症改善プログラム】
認知症の知識

  認知症とは

  認知症をケア

  認知症の種類

  認知症の原因

  認知症状のサイン

  認知症の改善

  認知症を予防

  認知症の症状

  認知障害・軽度認知障害

  認知症の発症

  認知症と単なる物忘れの違い

  認知症の物忘れの具体例

アルツハイマー病

  アルツハイマー型認知症

  アルツハイマー中核症状

  アルツハイマー治療

  アルツハイマー対応

  アルツハイマー病と脳血管障害

アルツハイマー病

  サイトマップ

  当サイトについて

  リンク集

Copyright (C) 認知症の症状を改善するには All Rights Reserved
熊田曜子のダイエット