認知症を改善するための情報サイト!認知症は正しい理解と早期発見が大切です。

アルツハイマー治療

   認知症の症状を改善するには

   正しい認知症改善方法を知り、自分で改善する方法が分かる!

   単なる物忘れと認知症の物忘れとの違いを、正しく理解する事が出来る!

 アルツハイマー治療

TOP >> アルツハイマー治療
Menu Contents
アルツハイマー治療

 一般によく言われているのが、「アルツハイマー病は治療をしてもムダ
 です。


 これは大きな誤解で、根本的に治すことは不可能でも、治療によって、よい
 状態を維持し、QOL(生活の質)を高めることは十分に可能なのです。



 ●基本的には、薬物療法を中心に治療を進めていく!●

 アルツハイマー病の治療の中心は、主に薬物療法です。


 薬物療法の大きな効果は、さまざまな隋伴症状を改善できることで、
 隋伴症状は、日常の生活で「
問題行動」ととらえられ、家族を悩ませる
 ことの多い症状です。


 それだけに、これらを改善できるということは、大きなメリットでしょう。


 また、中核症状に対しては、抗認知症薬(塩酸ドネぺジル)を用い、脳機能を
 改善したり、進行を遅らせる働きがあります。


 しかし、残念ながら、発症前の状態に回復させることは出来ないようです。


 現在の治療法では限界があり、新しい治療法が開発されつつあるようです。



 ※参考

 アルツハイマー病の人が、少しでも進行を遅らせながら、よい状態を維持
 していくには、薬物療法だけでは不十分です。


 安全で快適な環境の下で、適切な介護を受けて心の安定をはかり、
 リハビリテーションで脳の残された機能に働きかけていくことが大切です。
自宅で無理なく行える認知症改善法



まずは、一足早く実践した方々の喜びのお声をお聞きください!

公式サイトは >> こちら
−自宅で無理なく行える−

わずか4ステップで認知症を改善!

【認知症改善プログラム】
認知症の知識

  認知症とは

  認知症をケア

  認知症の種類

  認知症の原因

  認知症状のサイン

  認知症の改善

  認知症を予防

  認知症の症状

  認知障害・軽度認知障害

  認知症の発症

  認知症と単なる物忘れの違い

  認知症の物忘れの具体例

アルツハイマー病

  アルツハイマー型認知症

  アルツハイマー中核症状

  アルツハイマー治療

  アルツハイマー対応

  アルツハイマー病と脳血管障害

アルツハイマー病

  サイトマップ

  当サイトについて

  リンク集

Copyright (C) 認知症の症状を改善するには All Rights Reserved
熊田曜子のダイエット