認知症を改善するための情報サイト!認知症は正しい理解と早期発見が大切です。

認知症と単なる物忘れの違い

   認知症の症状を改善するには

   正しい認知症改善方法を知り、自分で改善する方法が分かる!

   単なる物忘れと認知症の物忘れとの違いを、正しく理解する事が出来る!

 認知症と単なる物忘れの違い

TOP >> 認知症と単なる物忘れの違い
Menu Contents
認知症と単なる物忘れの違い

 ボケとは何か?単なる老化と認知症との違いとは?

 とにかく「
年のせい」にされがちなお年寄りのぼけ症状!

 単なる老化現象なら心配はないのですが、認知症の始まりという事もある

 のです。まずは、それぞれの違いを知る事です。



 【老化現象(物忘れ)と認知症との違い】


 ●老化の場合

 ・体験したことの一部を忘れる

 ・物忘れをしている自覚がある

 ・忘れっぽさは、あまりひどくならない(進行しない)

 ・日常生活には、差し支えない程度



 ●認知症の場合

 ・体験したこと全体を忘れる

 ・物忘れしているという自覚がない

 ・忘れる度合いが増え、悪化していく(進行していく)

 ・判断力の低下なども加わり、日常生活に支障が出てくる。
自宅で無理なく行える認知症改善法



まずは、一足早く実践した方々の喜びのお声をお聞きください!

公式サイトは >> こちら
−自宅で無理なく行える−

わずか4ステップで認知症を改善!

【認知症改善プログラム】
認知症の知識

  認知症とは

  認知症をケア

  認知症の種類

  認知症の原因

  認知症状のサイン

  認知症の改善

  認知症を予防

  認知症の症状

  認知障害・軽度認知障害

  認知症の発症

  認知症と単なる物忘れの違い

  認知症の物忘れの具体例

アルツハイマー病

  アルツハイマー型認知症

  アルツハイマー中核症状

  アルツハイマー治療

  アルツハイマー対応

  アルツハイマー病と脳血管障害

アルツハイマー病

  サイトマップ

  当サイトについて

  リンク集

Copyright (C) 認知症の症状を改善するには All Rights Reserved
熊田曜子のダイエット